コンテンツにスキップ
輸入楽譜セール 30%OFF【11月27日まで 】

[20220406]春の教材キャンペーン【4月28日終了】| ヘンレ新着楽譜


お急ぎください!
プレゼント品は数に限りがございます

・Aセット(ご注文金額5,500円未満) 残り102セット
            ※好評につき100セット追加!
・Bセット(5,500~8,799円) 残り68セット
・Cセット(8,800~14,999円) 残り35セット
・Dセット(15,000~19,999円) 残り10セット
・鍵盤綺麗プレゼント(20,000円~) 残り7名様

※4月6日10時現在
※最新の在庫状況はトップページをご覧ください




新着商品

Henleのセミナーに先立ち、Henle社の新刊をご案内!
シェーンベルクの作品はUniversal Editionからしかありませんでしたが、
この度Henle社より出版です!



シェーンベルク
3つの小品 Op.11
ピアノソロ

シェーンベルクが抱いていた理想「表現の自由」が形となった作品。
「無調」で書かれた音楽の革命とも言えるこの曲は、
近年では現代音楽の金字塔として、
音楽大学でのテキストとして選ばれることも増え、
クラシック音楽を学ぶ者にとって避けては通れない作品となっています。






シェーンベルク
6つの小さなピアノ曲 Op.19
ピアノソロ

6曲中5曲がほぼ1日のうちに作曲されたそう。
この曲が発表された10年後に、
シェーンベルクは12音技法が完全に体系化されたと言われる曲を
発表することになります。
日本ではちょうど明治から大正になる頃ですが、
世界でも大きく時代が変わっていく変化期でした。
音楽は時代を映す鏡、とはまさにこのことではないでしょうか。






シェーンベルク
組曲 Op.25
ピアノソロ

シェーンベルクが初めて全曲12音技法で書いた作品。
繊細なニュアンスを実現するために、
シェーンベルクが新たに作ったアーティキュレーション記号が使われ、
自身による解説が序文に書かれております。
イスラエル系アメリカ人ピアニスト、
シャイ・ウォズナーによる運指つき。





パナムジカ35周年記念オンラインセミナー

第8弾 ヘンレ社 【5月4日(水・祝)開催!】

クレシェンド アーレのグループ会社、
パナムジカの創業35周年を記念したプロジェクトとして
“楽譜”をテーマとしたオンラインセミナーを開催しております。
第8弾「ヘンレ社」は5月4日(水・祝)開催!









特別連動企画

オンラインセミナー ライブビューイング & 赤松林太郎ピアノミニコンサート

楽譜ショールームでピアノに囲まれながら映画感覚でセミナーをご視聴後、
闘うピアニスト赤松林太郎氏によるミニコンサートをお楽しみ頂けます。
ご参加者にはHenle社特製オリジナルグッズをプレゼント♪


前の記事 [20220420] [特集ページ公開] 全日本学生音楽コンクール課題曲
次の記事 [20220323]春の教材キャンペーン開催♪ ※終了しました

ページトップボタン

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×