コンテンツにスキップ
ヘンレ特集開催中【特別セットがお得!】

ピーターラビット™と学ぶはじめてのピアノ教本

北村智恵氏の長年の経験によるピアノ指導のノウハウ

●ただテキストを見て覚えるだけではありません♪

生徒さん自身の手の輪郭を型取り、先生が指番号を入れてあげるという、素敵な作業から始まります。先生は生徒さんの手の特徴を認識し、また、子どもたちは身をもって指番号を知る。学ぶべきことがらを自分で感じて身につける第1歩です!


●1巻綴じ込み付録 『鍵盤ポジションガイド』

まずは付録をチョキチョキ♪自分で切り取った「鍵盤ポジションガイド」(紙鍵盤)を実鍵盤にのせて使います。可愛い色で記された音名つき鍵盤なら、真ん中の『ド』も楽しく身につくこと間違いなし!


●知識をわかりやすくやさしく説明

それぞれの曲には音楽の基本的な要素(スタッカート・スラー・テヌート・タイ等)が1曲に1つずつ盛り込まれているので、思い描いた音を出すための練習・レッスンを進めることができます。「音の聴き方」が指導できるように作曲・設定されているので、音の出し方だけでなく「自分の音を聴く」ことの大切さも教えてくれます。「イメージを音で表現すること」「初めから音楽すること」を大切にしたいという思いから作られたテキストです。


●同じ曲がテンポ等で全く違う曲になることを体験

同じメロディーでもテンポやアーティキュレーション、奏法(マルカート・レガート・スタッカート等)による音質、音色、音量の違いで曲の表情が全く変わることを体験し「音楽とは何か」という本質が、可愛い楽曲で体験的に学ぶことができます。

ピーターラビット™と学ぶはじめてのピアノ教本 2・3巻

●わかりやすく段階的な進め方

2巻では「グリーンスリーヴス」が3パターンの編曲で載せられています。付点4分音符を学ぶためです。1つ目は付点を省いたシンプルなパターン。2つ目では本来の付点4分音符を、タイでつながれた4分音符+8分音符で表現。 3つ目で付点4分音符を使った表記に。子どもにわかりやすく丁寧な進め方がされています。

●自然に学んで身につける

アウフタクト・オスティナート・エンハーモニックにも触れ、また、倍音を体験できる楽曲もあります。「楽典」のような堅苦しさを感じずに、音楽を学んでいくために必要なことを知らないうちに身につけられます。

●3巻ではいつの間にかこんなに高度なことも!

3巻では、片手ずつ、たった5音で2声の弾き分けや、4声の流れを聴き分ける能力がつきます。 描写音楽・装飾音符(短前打音・複前打音)・転調・アルペジオ・手のひらや指を広げる練習・手の交差と鍵盤を広く使う練習。 子どもにとってちょっと憧れのペダルも最後に出てきますよ♪ピーターラビット™の国イギリスの4つの国(新訂版では4つの国の地図、国旗入りの解説ページもついています)の代表的な民謡も楽しみながらピアノのテクニックが身につき、16分音符の様々なリズムを弾きこなすことで、レベル的には「ブルクミュラー25の練習曲」に余裕をもって入ることのできるメソッドです。

●新たに増えた楽典内容、指導のポイントの他にもお楽しみがあります♪

19世紀の主なキャラクターピース(性格的小品)について4ページにわたって整理、紹介するページがあり、代表的な作曲家も併記。いくつ知っているか、先生と生徒、生徒同士で一緒に数えてみても楽しいですね。

ピーターラビット™と学ぶはじめてのピアノ教本 全3巻

関連書籍

北村智恵(きたむら ちえ)

北村智恵(きたむら ちえ)

音楽教育家。半世紀に及ぶピアノ指導のキャリアを持つ。「子どもの眼の高さ」で子どもたちと向き合い、はじめから「音楽の本質」を教える導入期のピアノ指導や、オリジナル教則本を使った高齢者に特化したピアノ指導には特に定評がある。障害者、健常者の間にも垣根を作らず、どんな条件を持った人でもその人の個性に寄り添い、ピアノを通して、人が豊かに生きて行く糧となり得る音楽のあり方を伝え、指導する。全国各地で指導者の育成にも尽力し、ピアノ指導者を対象とした指導講座・公開レッスンの講師、幼稚園や学校での教育セミナーの講演を多数務める。また、幼稚園での歌唱指導、リトミック指導も長年にわたり実践し、定評がある。日本ピアノ教育連盟会員、日本ショパン協会関西支部会員。音楽教育図書、ピアノ曲集などの著者多数。(「子どもの眼の高さで歌おう」※全国学校図書館協議会推薦図書、「心を紡ぐ」、「こどもがたのしいルンルン楽典ドリル1~3」など。)なかでも「シルバーエイジの今からピアニスト」は、日本で初めての高齢者を対象にしたピアノ教則本として、各方面から大きな反響をうけ、その指導内容が、NHKのテレビ番組「にんげんドキュメント」で放映され、世界各地で大きな反響を呼び、何度も再放送されている。このほかにも、楽譜の監修・校訂、作曲・編曲、そしてCDの楽曲解説やコンサートのプログラムノート・新聞・音楽雑誌への執筆も多く手がけ、また、コンサート企画も精力的に行う。ユニークなテーマのクラシックコンサートを多数開催、自身のライフワークとして日頃クラシック音楽に疎遠な人たちも楽しめる「希望コンサート・みんなの音楽」をはじめ、「震災による被災遺児のためのチャリティーコンサート」、ショパン作品全曲レクチャーコンサート「ショパンへの道」など、クラシック音楽の普及、地域の福祉・文化活動に貢献している。時折出演しているNHK「ラジオ深夜便 ないとエッセー」においても音楽と社会の接点を語り、広く共感を得ている。

ページトップボタン

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×