コンテンツにスキップ

ショパン=エキエル校訂 日本語版

ナショナル・エディション

エキエル校訂「ナショナル・エディション」日本語ライセンス版

「ナショナル・エディション」は、ポーランドの国家事業として1960年よりエキエルが中心となり制作され、「ショパン国際コンクール」の推奨楽譜としても採用されています。

エキエル校訂版の日本語版が全音楽譜出版社より発売!

ショパン国際コンクールの審査委員長も務めたポーランドのピアニスト/教育者/研究者であるヤン・エキエルと、エキエルの弟子で原典版全般についての専門家として世界的に評価されているパヴェウ・カミンスキが、ショパンの自筆譜をはじめとするあらゆる資料を精査して編纂した原典版「ナショナル・エディション」(通称「エキエル版」)の日本語版です。

日本語版は、ピアニスト/研究者である加藤一郎監修のもと、「ナショナル・エディション」の特色である演奏上の留意点やショパン楽譜の原資料についての詳細な研究内容を、ポーランド語最新版から日本語へ翻訳。学習者の実用のみならず、ショパンの資料研究においても価値の高い内容です。
(シリーズA)は、ショパンの生前に出版された作品です。

商品リスト

ページトップボタン

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×